2010年04月29日

小沢氏に起訴相当、「相当重い」と民主に衝撃(読売新聞)

 27日午後、検察審査会が小沢一郎・民主党幹事長について「起訴相当」と議決したという一報が流れると、同党内には動揺と衝撃が走った。

 支持率が下落を続ける民主党政権にとって、さらなるイメージダウンは必至で、「検察に起訴されていた方が良かったかもしれない」と表情を曇らせる国会議員もいた。

 この日、3日目を迎えた「事業仕分け」で「仕分け人」をしていた同党の寺田学衆院議員(33)は、検察審査会の結論について問われると「世論の強い思いの表れで、相当重い」と暗い表情。蓮舫参院議員(42)も記者会見で「コメントは軽々にできない。当事者のご判断、お考えを聞きたい」と、多くを語ろうとしなかった。

 国会や東京・永田町の議員会館でも、報道陣の取材を避けようとする同党議員の姿が目立ち、新人の田中美絵子衆院議員(34)は「見守りたいということだけです」と一言。同じく新人の福田衣里子衆院議員(29)は手を上げて記者の質問を遮り、無言で立ち去った。

口蹄疫疑い牛4例目=殺処分264頭に拡大−宮崎(時事通信)
検察、弁護側同意なしの証拠を誤って朗読(読売新聞)
<放鳥トキ>また卵捨てる 別の1個、まだふ化の可能性(毎日新聞)
ギリシャ問題、日本への影響軽微=菅財務相(時事通信)
<訃報>田村大三さん97歳=「指笛音楽」創始者(毎日新聞)
posted by オカヤマ ミツル at 14:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。