2010年02月16日

グアム視察団、現地入り 社民、国民新はサイパンも訪問(産経新聞)

 【グアム=加納宏幸】米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先を検討している政府・与党の沖縄基地問題検討委員会のグアム視察団は10日夜、同島入りした。11日朝からアンダーセン空軍基地、アプラ港海軍基地を視察し、グアムのカマチョ知事を表敬訪問する。

 視察団は、松野頼久官房副長官が団長を務め、外務、防衛両副大臣や社民、国民新両党議員が参加。グアム視察に先立ち、社民党の阿部知子政審会長、国民新党の下地幹郎政調会長らは、サイパンを訪れ、米自治領・北マリアナ諸島のフィティアル知事と会談。サイパン島南方のテニアン島を上空から視察した。

 米軍再編計画では、在沖縄海兵隊の司令部要員約8000人がグアムに移転することになっており、施設の整備状況を把握するのが表向きの目的だ。ただ、社民党には普天間飛行場の機能をグアムやテニアン島に移す構想があり、その可能性を探る狙いもある。

【関連記事】
社民・国民新、岡田外相の「普天間継続も」発言に反発
福島氏、首相のグアム移転否定に反発
首相「グアム移転無理」改憲への意欲も ラジオ収録で
社民 基地問題でPT立ち上げ 1月にグアム視察
「ちょっと行って、ちょろっと見た」グアム訪問が波紋

泣き止まぬ長男揺さぶる 虐待で父を逮捕(産経新聞)
雑記帳 建設会社が「わさびチョコ」発売(毎日新聞)
民主新人、39人が資産ゼロ=1億円超の元証券マンも-衆院資産公開(時事通信)
離婚しても親は親 子供を「共同養育」(産経新聞)
機密費の官邸への上納「裏付け資料ない」 官房長官(産経新聞)
posted by オカヤマ ミツル at 04:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。